モコの英語勉強ブログ

英会話は流暢さよりも内容を確実に伝えることが最重要

私は英会話能力がそれほど高くはありません。ですが技術者であることから海外で仕事をする機会が加速度的に増えていきました。日本では賃金が高く、生産拠点を海外に移さなければメーカはコスト競争で立ち行かなくなりました。

 

私の様な技術者も海外の工場や協力会社に頻繁に出張しなければなりません。そこで私がコミュニケーションをとる技術者も当然、外国人になります。何処の国にいっても、コミュニケーションツールは英語でした。

 

技術の進歩は速く、その流れについていかなければ商品はどんどん陳腐化してしまいます。私にはゆっくり英語を勉強している時間などありません。ですから海外の仕事相手とコミュニケーションを取る前は、あらかじめ、自分が伝えたい内容を簡単な英文にしたメもを手もとに置きながら、英語でコミュニケーションんをとっておりました。

 

英会話の本は巷に溢れるほどいろいろありますが、例え一冊マスターしたところで、私の場合はそれほど仕事に役立つことはなかったです。

 

外国人に伝えたいこと、議論したいことは各人各様です。要は伝わらなければなりません、また相手が本当に理解しているのか。承諾しているのかの確認が最重要になります。当然エビデンスも残さなければなりませんでした。

 

重要な契約を締結する時には、もちろん英語に堪能な人に同行して通訳してもらいましたが、技術者特有の内容は通訳にもわかりません。そしてその技術的な内容が今後の業務に大きく関係してくるウエイトも大きいものでした。

 

結局自分自身が相手に伝えたい内容を確認して、英語で伝え、相手から承諾してもらう。この様な英会話力は短期間では本屋さんで売っている本では身に尽きません。自分で英文文例集を少しずつ作りながら、実戦で試すことが一番の近道でした。

 

この方法は別に技術者以外の様々な分野で有効だと考えています。

 

英会話の勉強法で迷ったら
色々勉強方法と取り組み方が巷に溢れている中で、どの勉強方法で英語をスキルアップさせたらいいのか?あるいは、自分にとってどの勉強方法が一番効果的なのか?というので迷ってしまうケースもあるかもしれません。そういった時には、それぞれの勉強の特性を確認して、自分にあった方法を見つけてみましょう。

英会話、英語の勉強法を探すなら
おすすめ 英会話